メイン画像

ホーム ≫ サレーエリア ≫

サレー、ホワイトロックエリアのご紹介

surrey1
サレー

西部のエリア
 

 バンクーバーダウンタウンへ直通のスカイトレインや大型ショッピングモール等があり利便性に優れている。住人の半数近くはインド系であり、以前まではギャングによる発砲事件が頻繁に起こったりと治安面での不安があったが、ここ数年の間に改善がみられている。

 ワリーエリアの北側(104アヴェニューより北側のエリア)にはホームレスのシェルターがあり、ホームレスの人たちも少なくない。最北部のフレーザーリバー沿いは海抜が低く、地盤が弱く、工業地帯が広がっていることもあり住宅の価格は安い。これまで、メトロバンクーバーの地域の中でも最も避けられてきた地域の一つだが、今後大きく変わろうとしている。(詳細はこちら
 

ここ十年程の間に、サレーの北部に位置するサレーセントラル・ステーション駅の周辺で市役所、図書館、多数の高層マンション等が建設されたりと開発が進んでおり、以前と比べとても賑やかになった。このエリアにはサイモンフレーザー大学(SFU)の入る大型ショッピングセンターやレクレーションセンターがあり、若者も多く利便性が高い。

当エリア 周辺は、セントラル・ビジネス地区として指定され、今後も大規模再開発が進む予定で、SFUの拡張(医学部の設立等)、セントラルビジネスセンターの開設、ショッピングモール及びサレーセントラル駅周辺の再開発、アートミュージアムの建設が行われ、グレーターバンクーバー内のシティーの中でも最も注目されるエリアの一つとなると思われる。ただし、治安面が改善されるにはまだ時間が必要かと思われる。(詳細はこちらこちらもどうぞ

サレーセントラルエリアの動画でのご説明はこちら

 数年前に、サレー・セントラルエリア内のの南側のエリア(13737 96 Ave, Surrey、サレーメモリアル病院の隣)はヘルス・テクノロジー地区として指定された。今後、8棟のビル(総床面積100万スクェアフィート)が建てられる予定で、そのビルの中に500社のヘルス・テクノロジー企業が誘致される計画となっており、現在、ビルの工事が進行中(詳細はこちら)その他、UBCの分校(医療関係の学部、研究機関等)ができることも予定されている。(詳細はこちら

 サレーセントラルは、グレーターバンクーバーの第2のダウンタウンとして、今後、治安の改善や街の発展が急ピッチで進んでいくと思われる。(詳細はこちら)ただし、今後10年前後、当エリアでは、街の再開発とともに、住宅が急速に供給されていくこととなるため、物件選びには注意がいる。

再開発中のヘルス・テクノロジー地区の映像はこちら


 ワリーの南側にあるニュートンエリアは8割位はインド系の住民で占められ、若いチンピラグループ?の喧嘩等、他の市ではなかなか起こらないような事件も多い。治安面での課題が多く、当エリアに住むのはあまりお勧めできない。

 逆に南の一部の地域、サンシャインヒルズ等は、レベルの高い公立学校があり、白人の住民も多く落ち着いた雰囲気があり価格も高い。

 サレーの人口は、今後も増え続けていくことは間違いなく(2020年、BC州への一番多くの移民者はインド人)街の発展も期待できるが、ホームレスやギャングによる事件等の問題をどう解決していくかが大きな課題となる。

GuildfordTownCentreFromAbove

中部、東部のエリア
 

 西部のエリアで起こるような発砲事件がほとんど無く、落ち着いた雰囲気の新興住宅街が多くある。

 メトロバンクーバー内の地域の中では物件の価格が割安な地域であること、バンクーバーへの交通利便性が良いこと、比較的学力レベルの高い高校が多いこと、治安が悪くないこと、自然が多いこと(バーチグローブハッチャリートレイルグリーン・ティンバース・アーバン・フォレスト等)の理由でバンクーバーの中心地域から当エリアへ移り住む若いファミリーも多い。

 ワレーエリアのすぐ東側にあるギルフォードは利便性の最も良い地域の一つ。高速1号線やスカイトレイン駅へのアクセスの良さ、大型スーパーマーケットの多さ等がとくに魅力的。近年ギルフォードモールがフルリノベーションされ、グレーターバンクーバー内の大型ショッピングセンターの中でも1,2を争そうほどの綺麗なモールができた。それにより街全体が洗練され、活性化されたような感もある。

今後も市によるギルフォードモール周辺地域の再開発計画(2021年以降に実施予定)が具体化され、中高層マンションがどんどん建設されたり、街がより整備されたりする等、さらなる発展が期待される。ストリートパーキングをしている車の窓が割られることも少なくない等、治安がとても良いとは言えないが、かと言って、特別心配しないといけないというわけでもない。

住民の構成も、世界の縮図ここにありとでもいうかのように特定の人種に偏ることなくバランスがとれている。

特に、お隣のサレーセントラルエリア(すぐ西側のエリア)を中心にサレーがBC州を代表する経済の中心地域として連邦政府から指定されたこともあり、中長期的にみると当地域の不動産にもプラスの影響があると思われる。

利便性が良く、静かな住環境にあるリーズナブルな価格のコンドミニアムも多く、ファーストタイムバイヤーにはお勧めの場所だが、一部のエリアでは車の窓が割られることも少なくない等、治安がとても良いともいえない。

ただし、 ギルフォードの北側に位置するフレーザーハイツ(昔は台湾ビレッジと呼ばれることもあった)は大きな家と敷地をもつ高級住宅街があり、メトロバンクーバーやノースショアマウンテンを一望できる家や良い学区があるため、人気があり価格も高い。(この地域は一昔前までは、台湾人や白人の多いエリアであったが、現在は韓国、中国系の人々が大半を占めるようになった)

リニューアルされたギルフォードモールの映像はこちら

 ギルフォード地域のすぐ南に位置するフリートウッドエリアではスカイトレイン駅が開設される予定があり、それと同時に駅周辺の再開発が積極的に行われ、今後具体的なコミュニティー計画が立てられていくと思われる。インドや中国系の住民が多く、評判の良い学校があり、フリートウッドパークやサレーレークパーク等の大きな公園がある等、比較的落ち着いた住居環境がある。

(2018年にサレー市長が交代された後、ギルフォードエリアで予定されていた路面電車の建設は保留され、その代わりにサレーの北東地域にあるスカイトレインのキングジョージステーションから当地域まで2028年頃までにスカイトレインを開通させることが計画されている)

スカイトレインの駅はフレーザーハイウェイ沿いにできる予定であり、将来的にはラングレーまで延長されることも検討されている。(詳細はこちら)この各駅周辺のエリアは、スカイトレインの開通に伴い用途地域の変更も行われており、今後、大きな発展が期待される。(用途地域変更の詳細はこちら

 フリートウッドの南にあるクロバデールエリアは、白人の人たちが多く住み、カナダの田舎町に来たような雰囲気がある。当エリアには競馬場、ロデオの競技場、歴史のある大きなキリスト教会がある。最近、このエリアにサレーで2つ目の大病院が建設されることが決まった。ただし、高速10番線沿いは、海抜が低く今後洪水の心配もあり。

 クロバデール内の北部にあり、ラングレーのダウンタウンの西側にある人気の高いクレートンエリアは、タウンハウスと建売戸建がメインの新興住宅街。最近も新築のタウンハウスが多く建設中。このエリアには新しく綺麗な小・中・高校があり、フランス語で教育を受けられるレベルの高い公立校がある等、全体的に学区の評判も良い。人口の増加に伴い、ここ数年の間に新たに小中高学校が新設されることになっている。

標高が高い場所にあるため、空に浮かぶ雲の景色が綺麗に見え、ノースショアの山々や富士山に似たマウンテン・ベーカーを眺めることのできる物件や公園もある等、のどかな雰囲気がある。白人が多く、インド人、中東系の人、韓国人、台湾人の家族等の割合も増えつつある。中国人は他の地域に比べると比較的少ない。

まだしばらく先のこととなるが、フレーザーハイウェイ沿いにスカイトレインが通ることが決まっており、スカイトレインが開設されれば、このエリアの人気はさらに高まることは間違いない。

2021年に完成した総工費約40億円のコミュニティセンターの動画はこちら

 サレーのギルフォードエリア界隈は、既にポートマンブリッジ(政権交代後、通行料金も不要となった)の建設やギルフォードモールの再開発により利便性や住環境が向上した。今後もサレー全域が多くの若いファミリーや移民者の流入、当市による計画的かつ積極的なコミュニティーの開発、スカイトレインの路線の延長等により、益々発展していくことは疑う余地がない。

cropped-IMG_5500 (1)_コピー

南部のエリア
 

 暖かく、美しいビーチに囲まれ、年間の日照時間も長いため、ゆったりとリラックスできる雰囲気がある。アメリカの国境が、目と鼻の先にあり、シアトル等へのアクセスも最高。中国人富裕層をはじめとして、多くの人たちからとても人気のあるエリア。最近は、インド人も増えてきている。

 高速99番に近いエリアで、通勤ラッシュの時間を避けることが可能であれば、バンクーバーへの通勤も問題ない。(車で40分程)
 

 クレセントオーシャンパーク等、高速99号線の南側の住宅地は、アメリカとの国境やビーチに近く、落ち着いた住宅環境や良い学区があり、サリーの地域の中では価格が最も高い。シアトルの高級地、ベルビューに似た雰囲気があり、白人の家庭が多い印象。

 近年、住宅需要の高騰により、ローズマリーハイツ、モーガンハイツサニーサイドエリア、グランヴューハイツ等には、新たな戸建やタウンハウス、コンドミニアム等の開発ラッシュが続いていおり、当エリアの人口は急速に増えている。

当エリアは、築浅で綺麗なショッピングモールやアクアセンター(グランヴューハイツ・アクアティックセンター)があり、高速道路の入り口等にも近く、利便性が高い。モーガンハイツにある私立のサウスリッジ高校をはじめ、学区の評判も良い。また、二コメックル・リバーパークの開発等、住環境が今後さらに改善されていく予定となっており、今後の住環境の向上が期待される。(詳細はこちら

 さらに、東側にあるキャンベルハイツには、大きな分譲戸建やタウンハウスのある新興住宅地がある。これらのエリアは今後も宅地化され、家が建てられたりと再開発が進んでいく予定。当地域は農地の割合も大きく、手をつけられていない自然も多い。(鹿等の野生動物等に出会えることも)

キャンベルハイツには、大規模のインダストリエリアがある。最近、当エリアに、サウスキャンベルハイツ・インダストリアルパークが建てられることが正式に決定した。当プロジェクトは、もともとあったインダストリアル用地を拡張し、建設されるものであるが、深刻なインダストリアルエリア不足を改善するために必須のものとなる。当エリアには、既に、アマゾン、ウォールマート等の物流センターがあるが、近い将来、中国政府が直接、関与する物流センターもできることとなっている。(詳細はこちら

 ホワイトロックにある海沿いの地域はビーチとそれに沿って多くのレストランがあり観光地や保養地としてもよく知られている。海を見渡せる豪邸や大きな敷地のある閑静な住宅街があり、白人の方々が多く、特にリタイアしたシニアが多く住んでいる。

 人気のあるクレッセントビーチの動画はこちら
 

*サウスサレーの再開発計画のニュースの詳細はこちら

*サレーの各エリア・不動産に関する詳細を調べたい方はこちら

小峰 永一朗

小峰 永一朗

六本木出身の父と姫路出身の母のもと、千葉県で生まれる。幼少期を東京都、横浜市で過ごした後、中高大学時を韓国で過ごす。大学卒業後、宅地建物取引主任者証を取得し、都内で不動産賃貸・売買・開発業に従事。 2008年にバンクーバーに移民し、宅地建物取引主任者及び賃貸物件管理者の資格を取得。自らも不動産投資家として活動中。2021 SUTTON DIAMOND AWARD受賞

家族:妻、娘
趣味:YouTube鑑賞、バンクーバー及び近郊エリアの公園探索、国内・海外旅行
好きなことわざ、言葉:人間万時塞翁が馬、共存共栄

携帯電話:778-867-2333
LINE ID:ichirov7


所属代理店


Sutton West Coast Realty

住所:403 North Rd, Coquitlam, BC V3K 3V9
電話番号:(604) 415-9800

グレーターバンクーバー内で売上高、売買数共に最高の実績を誇る最も信頼できる不動産代理店です!経験豊富なマネージャーと有能なエージェントが多く所属しており情報力も高いです。 また、多くのプリセール物件のプロジェクトにおいて、優先購入権を有しております。

ブログカテゴリ

モバイルサイト

カナダ バンクーバーで不動産を買おう!売ろう!スマホサイトQRコード

カナダ バンクーバーで不動産を買おう!売ろう!モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

外貨・住宅ローン計算機

外貨計算機: ja.exchange-rates.org
住宅ローンの計算はこちら
https://itools-ioutils.fcac-acfc.gc.ca/MC-CH/MCCalc-CHCalc-eng.aspx