メイン画像

ホーム ≫ ラングレーエリア ≫

ラングレーエリアのご紹介

unnamed

 ラングレーは、サレーの東側に位置し、メトロバンクーバーの最東端にあるエリアで、カナダの内陸の田舎街を彷彿させるこじんまりしたラングレーのダウンタウンのあるLagley Cityとその周りを囲むMunicipality of Langleyの二つの市で成り立つ。

 大半が農地であるため、自然がとても豊かで、1エイカーを超す大きな敷地をもつ家も多い。まさにザ郊外といった感じで、農場、牧場、公園、ゴルフ場が多くアルパカ等の動物と直接触れ合えたり、果物や野菜を狩れたりと特に小さい子供のいる家族には暮らしやすい環境がある。

 自然が豊かなだけでなく、コストコやウォールマート等の大型ショッピング店舗やアジア系の食材を販売するスーパー(Hmart,Hannam,T&T等)も大変充実しており、利便性もとても良い。テスラ、ポルシェをはじめとして、高級車のディーラーショップも多く、高所得者やヤング・プロフェッショナルも増えている。(世帯平均所得は、2020年時点で9万ドルを超えている)

 米国の大型チェーン店がバンクーバーに進出する際、一番初めにお店を開ける場所としても知られているが、コロナ禍以降、ラングレーに本社を移動させたり、新たなオフィスをつくる大企業も少なくない。高速1号線の北側のエリアには、ホテルやオフィス、商業施設が多く造られることも計画されており、雇用が増えていくと思われる。

 10年後位には、スカイトレインがラングレーのダウンタウンまで来ることが決まっており、人口はこれから20年で2倍になることが予想されている。(詳細はこちら

 市が高層コンドミニアムの建設許可を容易におろさず、賃貸物件の供給が少ないため、郊外にしては賃料が高く、空室率がとても低い。(2020年時点で2%)ちなみに、世帯の約4割は、1人か2人世帯となっている。

 依然として南側や東側の地域に行くほど白人の割合が多いが、韓国、インド、中国系の人等、それ以外の人たちの割合も徐々に増えつつあり、特に人気のあるウィロビハイツエリアでは人種のバランスも良い。

 価格面でも、メトロバンクーバーの中心地と比べ割安なため、毎日バンクーバーに通勤する必要のない方や家族が多く広めのお家が必要な方にお勧め。

 バンクーバーから距離はあるものの、高速1号線へのアクセスの良い北側のエリアからであればバンクーバーへもそう遠くない。最近は、ウィロビハイツのカーボスにあるバス乗り場から15分おきに出ているバスでバンクーバー方面へ通勤している人も増えている。

 ラングレーは、過去約30年の間、新興住宅地として開発され、メトロバンクーバーの中心地に住んでいた若いファミリーやリタイアした人たちが多く移り住んでくるようになった。

 特に高速1号線と200stの東南部にあるウィロビハイツでは、近年物凄い勢いで新興住宅地が開発されている。注目されているプロジェクトに顧客満足度の高い開発業者VestaによるLatimer Height Project(30万㎡の敷地内に最終的に2000世帯の住居と商業施設、オフィス、6.9万㎡の緑地が入る)等、その他多くのプロジェクトがある。

この地域には築15年位までの築浅タウンハウスが多くあり、街全体が新しく洗練された雰囲気がある。高速1号線へのアクセスが良く、新たにリノベーションされたウィローブロックショッピングセンターやアウトレット店をはじめ多くの大型ショッピング施設へも近い等、利便性もとても良い。(詳細はこちら

また、公園や散歩道、ラングレーイベントセンターを始めとした屋内外の運動施設等も充実しているため住環境がとても良い。(ウィロビコミュニティーパークの映像こちら

ヨークソン・コミュニティーパークは屋外運動施設の充実した大きな公園だが、これからもどんどん野外施設が整備されていく予定。(ヨークソン・コミュニティーパークの映像こちら

更に、216ストリート沿いに60万スクエアフィートのBC州最大で、世界トップクラス規模の映画撮影施設を造ることが計画されており、ウィロビタウンセンターのあるエリアを中心に今後もますます発展していくと思われる。(詳細はこちら

ウィロビハイツは、IBプログラムのあるR.E. Mountain Secondary Schoolをはじめとして学区の評判も良く、今後も若いファミリーや多くの移民者が移り住んでくることは間違いない。ラングレー、サレー周辺でタウンハウスを探すならイチオシのエリア。

 ウィロビハイツから高速1号線を挟んで北側にあるウォルノッグローブは、ウィロビハイツより早く開発されてきた地域であり、築30年程の大きな戸建が多く、落ち着いた雰囲気がある。この地域には大きなショッピングモールこそないが、学力の高い学校、(フレンチイマージョンプログラムあり)塾、ジム、プールのあるレクレーションセンター等があり、若いファミリーに人気がある。大きめのサイズの戸建のお家が多く、落ち着いた雰囲気がある。

ウィロビハイツ、ウォルナットグローブエリアの住宅街の映像こちら

 ウォルナットグローブの東側にあるフォートラングレーは、フレーザーリバー沿にあるこじんまりとした街だが、洗練されたオシャレなアパレル店や人気のあるカフェや博物館等もあり、ちょっとした観光地としても知られる。キャンプ場やゴルフコース等もあり、アウトドア・アクティビティを楽しむこともできる。街の周辺にはヘリテージ風の洒落た外観のお家も多く、ふらっと立ち寄ってみても面白い。

フォートラングレーの街の映像こちら

 ウィロビハイツの南側で、高速10号線のすぐ南側のエリアには、ラングレーのダウンタウン(市役所、図書館、コミュニティセンター、レストラン街、小売店等)

や工業地域、そして多くの賃貸専用を含めた低層コンドミニアムのある住宅街がある。

このエリアは海抜が低く、ホームレスの方も少なくなく若干治安が悪く、高速1号線から距離がある等の理由で、ウィロビハイツやウォルナットグローブ等と比べ価格が安い。その価格の安さゆえに、バンクーバーやリッチモンド方面からこのエリアに引越して来るファミリーも多く、最近は低層コンドミニアムやタウンハウスの開発が増えている。このエリアにスカイトレインが入ってくることが決まってから、価格は急上昇している。

 さらに南側のエリアは、公園やゴルフ場等、緑が多く、戸建住宅がメインな地域であるが、今後スカイトレイン駅が近くまで来ることもあり、今後も価格の上昇が期待できる。

 ダウンタウンの東側にあるマレーヴィルには、大病院や小さなモールがあり、比較的新しく、大きな戸建物件が多く立ち並ぶ。人口が増えつづけ、住宅の需要が高まっている昨今、タウンハウスやコンドミニアムが多く建てられ始めている。スカイトレインが将来的にこのエリアまで伸びてくる可能性があり、開発業者や投資家がこのエリアの戸建住宅の購入に積極的に動いている。

 ラングレーの最東端にあるアルダーグローブは、ラングレーのダウンタウンから車で20分程離れたところにあるこじんまりとした静かな街。屋外プールのあるレクレーションセンター、野外運動施設、セボンフーズ等の商店街があり、子育て中の人やリタイアした人たちに良い住環境がある。街が標高の高いところにあり、山や空の景色が綺麗に見える。マウンテンバイクを使って遊びたい人は、アルダーグローブ・アスレチックパークへ行ってみるのも良い。丘の上にあるこの公園は空に近くとても気持ちがいい。

ラングレーの南西エリアの一部は、海抜が低く、洪水警報が出されることもあるため、注意が必要(詳細はこちら

小峰 永一朗

小峰 永一朗

六本木出身の父と姫路出身の母のもと、千葉県で生まれる。幼少期を東京都、横浜市で過ごした後、中高大学時を韓国で過ごす。大学卒業後、宅地建物取引主任者証を取得し、都内で不動産賃貸・売買・開発業に従事。 2008年にバンクーバーに移民し、宅地建物取引主任者及び賃貸物件管理者の資格を取得。2021 SUTTON DIAMOND AWARD受賞

家族:妻、娘1人
趣味:YouTube鑑賞、バンクーバー及び近郊エリアの公園探索、国内・海外旅行
好きなことわざ、言葉:人間万時塞翁が馬、共存共栄

携帯電話:778-867-2333
LINE ID:ichirov7


所属代理店


Sutton West Coast Realty

住所:403 North Rd, Coquitlam, BC V3K 3V9
電話番号:(604) 415-9800

グレーターバンクーバー内で売上高、売買数共に最高の実績を誇る最も信頼できる不動産代理店です!経験豊富なマネージャーと有能なエージェントが多く所属しており情報力も高いです!

ブログカテゴリ

月別ブログアーカイブ

2022 (0)

モバイルサイト

カナダ バンクーバーで不動産を買おう!売ろう!スマホサイトQRコード

カナダ バンクーバーで不動産を買おう!売ろう!モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

外貨・住宅ローン計算機

外貨計算機: ja.exchange-rates.org
住宅ローンの計算はこちら
https://itools-ioutils.fcac-acfc.gc.ca/MC-CH/MCCalc-CHCalc-eng.aspx